新たな稽古のガイドラインについて

令和4年6月10日の文科省の発表や、同月24日付け公益財団法人合気会の「合気道における新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を受けて、2020年2月1日に作成した「一修会新型コロナウイルス感染防止対策稽古ガイドライン(2020年2月1日)」を下記の通り改定しました。

主な改定点は、「マスク着用についてのあり方」です。

改定したガイドラインは7月4日の稽古から適用となります。

皆様のご理解とご協力をお願いします。

一修会新型コロナウイルス感染防止対策稽古ガイドライン(2.1)(2022年7月1日)

会員募集中

一修会では、未就学児から大人まで年齢、性別問わず会員を募集しています。合気道は護身術的な要素も含まれているだけでなく、年齢や体力に応じた自分なりの稽古ができ健康や体力維持にも適しています。また、一修会では海外の方達との交流もあり、稽古を通じ見識を深めることもできます。

新型コロナウイルス感染症により、何かと塞ぎがちな今、争わない武道の合気道を通じて、体力だけでなく、メンタル面でのリフレッシュを図ってみてはどうでしょうか。

興味のある方は一度見学に来てみてください。見学の際は、マスク着用の上お越しください。

海外稽古(2019年シンガポール)

今年(2019年)は、一修会の会員14名でシンガポールのバニー先生の道場MAKOTO道場に。8月2日から5日の日程で、参加者は、高校生、中学生の4名を含め総勢14名。土日の講習会だけでなく、シンガポールの方達と一緒に昼食や夕食をともにし、親睦を深めました。

一修会演武会

平成30年2月11日 一修会演武会が開催されました。演武会は、尾張合気会滝本清三会長はじめ、尾張合気会傘下道場の賛助演武もいただき盛会に終わりました。

合気道一修会(守山区合気道スポーツ少年団)は、名古屋市守山区で合気道の稽古をしている公益財団法人合気会に登録する公認道場です。