緊急事態宣言の延長による稽古お休みについて(5月28日更新)

愛知県下の緊急事態宣言が延長されることを受けて、緊急事態宣言中の稽古はお休みとします。

愛知県下の感染者数はやや減少しているものの、未だ多数の感染者が出ており、変異ウイルスの感染力の強さについても注意を払う必要があることから、緊急事態宣言中はやむなく稽古をお休みとします。稽古中に感染者が出た場合の影響の大きさを考えたところ、今慌てて稽古するときではないと判断しました。稽古再開まで今しばらくお待ちください。稽古再開は、ホームページ等で連絡させていただきます。

●稽古休み

6月5日(土)、6月12日(土)、6月19日(土)

●6月12日・13日の講習会は延期となりました。

●参考

一修会新型コロナウイルス感染防止対策稽古ガイドライン(1.1)(2020年2月1日)

 

 

講習会の延期について

6月12日、13日に開催予定の合気道本部道場桂田英路師範による第9回一修会合気道特別講習会については、愛知県下への緊急事態宣言の延長を受けて延期させていただきます。現下の感染状況から参加者の健康第一を考えると、講習会については延期せざるを得ないと判断しました。本年中には講習会を開催予定ですので、開催日が決定次第改めてご案内させていただきます。

一修会新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(2020年2月1日)

この度、一修会新型コロナウイルス感染防止対策稽古ガイドラインを作成しました。今後は、このガイドラインに基づき、感染状況に応じ、段階的な稽古内容のステップ0からステップ4に分け稽古を実施していきます。会員の皆様の安全を第一と考えて稽古を行いますが、稽古に参加される会員の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

一修会新型コロナウイルス感染防止対策稽古ガイドライン(1.1)(2020年2月1日)

公益財団法人合気会「合気道における新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」

会員募集中

一修会では、未就学児から大人まで年齢、性別問わず会員を募集しています。合気道は護身術的な要素も含まれているだけでなく、年齢や体力に応じた自分なりの稽古ができ健康や体力維持にも適しています。また、一修会では海外の方達との交流もあり、稽古を通じ見識を深めることもできます。

現在新型コロナウイルス感染拡大により、稽古参加時には若干制限がありますが、会員募集は通常通り行っています。

興味のある方は一度見学に来てみてください。見学の際は、マスク着用の上お越しください。

海外稽古(2019年シンガポール)

今年(2019年)は、一修会の会員14名でシンガポールのバニー先生の道場MAKOTO道場に。8月2日から5日の日程で、参加者は、高校生、中学生の4名を含め総勢14名。土日の講習会だけでなく、シンガポールの方達と一緒に昼食や夕食をともにし、親睦を深めました。

一修会演武会

平成30年2月11日 一修会演武会が開催されました。演武会は、尾張合気会滝本清三会長はじめ、尾張合気会傘下道場の賛助演武もいただき盛会に終わりました。

合気道一修会(守山区合気道スポーツ少年団)は、名古屋市守山区で合気道の稽古をしている公益財団法人合気会に登録する公認道場です。